ぜろひゃく訪問看護リハビリテーション

訪問看護とは

ご自宅や入居されている施設へ看護の専門職やリハビリ専門職が定期的に訪問して病気や障がいに応じた看護やリハビリを行います。

健康状態の悪化防止や、回復に向けてお手伝いします。主治医の指示を受け、病院と同じように医療処置も行います。自宅で最期を迎えたいという希望に沿うことも可能です。

対応可能な疾患・病状

がん、難病、認知症、小児、精神など様々な疾患に対応しています。
在宅療養されている方で看護師が必要な場合はお気軽にご相談下さい。

特に多い疾患

がん、難病、高齢に伴う臓器・運動器障害、認知症、生活習慣病、
糖尿病、高血圧、脂質異常症、慢性疾患、喘息、骨粗鬆症、急性機疾患、
肺炎、脱水、低栄養、うつ病、統合失調症、先天性疾患の小児、小児麻痺

〜あなたの“いきる”を創る〜

DavRu株式会社は、「あなたの“いきる”を創る」をミッションに掲げています。

誰もが他人に左右されずに、自分の人生を楽しめる社会の実現を目指します。
どのようなライフステージでも、どのような疾病や障がいをもっていても、
誰かに合わせた自分じゃなく、周りにどうみられるかではなくて、自分の人生を送ってほしい。

本当の自分を知る勇気、そして自分の事を好きになり自分の人生を楽しむ勇気を。
その一押しの存在となれるべく、私たちは様々な事業を生み出していきます。

●あなたらしさを“活かし”て、あなたの“生きる”を共に創造します。

●我々は社員やその大切な家族やパートナーの幸せを願い、人を幸せにする経営を一途に行っていきます。

①社員とその大切な家族やパートナー

②社外社員(協力会社)とその大切な家族やパートナー

③現在顧客と未来顧客

④地域住民の皆様

⑤行政機関および関係機関

2021年に多くの皆様の支援を受け、厚木市を拠点にぜろひゃく訪問看護リハビリテーションはスタートしました。

24時間365日対応による在宅患者様の看護とリハビリ、予防から初期対応、ご自宅でのお看取りまで多くの方が地域で生活する支えとなるべく全科・小児〜高齢者対応をさせていただいております。

ぜろひゃく訪問看護リハビリテーションは複数の疾病や障がいを持ちながらも自分らしさを活かして、自分の“いきる”を創造する支援を地域や家族、パートナーと共に行う存在だと思っております。

【14歳の時に看護師を志す】

私が看護師を志したのは、14歳の時でした。母が検査をするという言葉と共に入院し、面会に向かうある日、「お母さん実はがんなんだ。」と父より知らされました。勉学に専念して欲しいと、母が私には伝えないようにと家族にお願いをしていたのです。不器用な私は父や姉のように母に優しい言葉をかけることもできず、現実を受け止められず面会に足を運ぶ回数も少なくなりました。自分の無力さを感じたとともに、私にできる事をしようとがんに関する書籍を探しては読み漁り、病院で医師からの説明があるときくと同席するといった事をしていた記憶があります。その時の必死な気持ちが、現在の私の看護師への道へつながっています。

【看護師ストーリー】

大学時代の勉学や尊敬する先生方との出会いの経験から、小児の中でも心臓移植に携わりたいと思い大学病院の循環器小児科に入職しました。様々な事を経て、その後心機一転クリニックへ転職。クリニックは、産科以外はたった一人で診ている先生と出会い、地域の方が困った時は何でもこの先生に相談するという姿に感銘を受け訪問看護に興味をもちました。先生や先輩ナースの方より知識面・技術面の修業をさせて頂き、また先輩ナースとの関わりのなかで起業に興味をもち事業計画書を初めて人にみせたのもこの時期でした。

【訪問看護の世界へ】

その後晴れて訪問看護の世界へ足を踏み入れました。
社会福祉法人の訪問看護と特別養護老人ホームを経験後、一般社団法人のステーション立ち上げに関わらせて頂く機会がありました。当時の管理者より経営の面白さを教えてもらい、26歳の時に管理者を引き継ぎました。次第に、訪問看護の周知方法やサービス内容について非営利法人の枠を超えて挑戦したいと考え、この頃には「やっぱり起業したい。」という気持ちが強くなっていました。

【ぜろひゃくの立ち上げ】

起業に向け、株式会社の訪問看護へ転職。そこで管理者として勤める傍ら、認定看護管理者教育課程で学ぶという日々が始まりました。自分が幸せでないと人を幸せにすることはできないこと、そのためには職員が働き続けたいと思える環境を整える取り組みが必須という気づきを得ました。また素晴らし仲間たちとの出会いがありました。信じられる仲間と一緒だからこそ、患者様にも信じてもらえる訪問看護リハビリテーションを提供できるという思いはこれからも変わることはありません。

ぜろひゃく訪問看護リハビリステーションは、“一番つらい時、あなたのそばに”を理念に立ち上がりました。ぜろひゃくでは、休業日を設けていません。年末年始、土日祝も訪問を行っております。それは、心や体にはお休みの日など決してなく毎日様々な変化が訪れます。「一番つらい時に来てくれてよかった。」それが私たちの原動力になっています!

私たちは大切にします。

1地域との連携
2リソースの確保
3後継者の育成

地域との連携
医療機関や施設、ケアマネジャー、行政、地域住民の方など数えるときりがありませんが互いに情報提供や相談を行うことで地域における暮らしの質を向上するという役目があります。研修の参加開催企画や地域包括会議などがあります。ぜろひゃく訪問看護リハビリテーションは対応エリアが広いため各自治体のルールについて日々勉強をしながら取り組んでいます。

リソースの確保
人材育成と安定したサービス提供のためのリソース確保に努めます。同業社の管理者の方々や各病院や団体との定期的なミーティングを行っています。複数のステーションが介入するケースや、地域の困難事例をステーション間でシェアをするという取り組み。最新のケア情報や研修を受ける機会がもてることにつながっています。

後継者の育成​​
学生や病院看護師の皆さんの実習や見学を積極的に受け入れております。専門職の責務とひとつに後継者の育成があると捉えています。医療を将来担う若手の育成に繋がるだけでなく、病院と在宅の連携にも非常に役立っております。

【DavRu株式会社の展望】

DavRu株式会社は、「あなたの“いきる”を創る」をミッションに事業を生み出しています。あなたがどのようなライフステージでも、あなたがどのような疾病や障がいをもっていても、あなたの“活きる”世界を創り、あなたの“生きる”を共に創造します。

我々は社員やその大切な家族やパートナーの幸せを願い、人を幸せにする経営を一途に行っていきます。

①社員とその大切な家族やパートナー
②社外社員(協力会社)とその大切な家族やパートナー
③現在顧客と未来顧客
④地域住民の皆様
⑤行政機関

DavRu株式会社 代表取締役
ジアンカスプロ瑠美

可能なケア•処置


ご入院中とほぼ同じケアを受けられます。
医師、リハビリ職と連携し以下のようなケアを行います。

病状の観察と相談
体温•脈拍•呼吸・血圧の
チェックなど


可能なケア•処置
ご入院中とほぼ同じケアを受けられます。医師、リハビリ職と連携し以下のようなケアを行います。

静脈採血•血糖値の
チェックなどの
血液学的検査

医師の指示のもと
チェック可能



投薬
内服薬•外用薬•静脈点滴・IVH・皮内注射・皮下注射・筋肉注射など。持続的なものに関しては、薬品の管理やポンプ等の管理、薬液の交換を、調剤薬局との連携で行います。

床ずれ予防処置•褥瘡処置
(軽度〜重症)

床ずれ防止の工夫や指導、床ずれの処置


日常生活の支援

清潔・排泄のケア(浣腸・摘便)など

ご家族など介護者の支援

介護方法のアドバイス、介護負担に関する相談など
※医療的ケア児・重症心身障がい者のレスパイトあり

終末期の看護

痛みのコントロール、療養環境の調整など

リハビリテーション

理学療法士、作業療法士、言語聴覚士と連携をして以下のようなケアを行います。筋力強化、歩行練習、日常生活に必要な動作の練習、嚥下、発声に関する障害への対応、ご家族の方へ介助方法のアドバイスなど

利用料金一覧

訪問看護リハビリテーションは各種保険適用です。
所得に応じて、1〜3割が利用者負担額となります。
24時間緊急時対応の希望の有無、状態によって下記料金へ加算料金がかかる場合がございます。
掲載のない項目につきましては、お気軽にお問合わせください。

【介護保険】

ご利用者負担額

1 割負担

2 割負担

3 割負担

要介護1〜5

20分未満

30分未満

30分以上1時間未満

1時間以上1時間30分未満

1回当

1回当

1回当

1回当

340円

510円

890円

1,220円

679円

1,019円

1,780円

2,439円

1,018円

1,529円

2,670円

3,659円

要介護1〜2

20分未満

30分未満

30分以上1時間未満

1時間以上1時間30分未満

1回当

1回当

1回当

1回当

328円

488円

859円

1,179円

655円

976円

1,717円

2,357円

982円

1,464円

2,576円

3,535円

◯早朝(6:00〜8:00)、夜間(18:00〜22:00)は25%増
◯深夜(22:00〜6:00)は50%増

◯定期的に訪問した場合の一般的な費用例(60分/回の訪問を4回/月、要介護、1割負担の方の場合)
890円×4回=3,560円

【医療保険】

ご利用者負担額

1 割負担

2 割負担

3 割負担

訪問看護基本療養費

1日1回につき

週3日まで

週4日目以降

560円

660円

1,110円

1,310円

1,670円

1,970円

訪問看護管理療養費

月の初日

月の2回目以降

740円

300円

1,480円

600円

2,220円

890円

◯定期的に訪問した場合の一般的な費用例(4回/月、1割負担の方)
560円×4回+740円+300円×3回=3,380円

◯利用料は医療費控除の対象となります。
◯各種医療扶助の対象者や障がいの医療証をお持ちの方は、上記の自己負担が免除になりますので契約時にご掲示下さい。
◯高額医療費により返還
高額療養制度とは、医療機関や薬局の窓口で払った額が、ひと月で上限額を超えた場合に、その超えた金額を支給する制度です。
制度を利用するには、加入する公的医療保険(健康保険組合、協会けんぽ、各自治体の国民健康保険など)に問い合わせて申請してください。

利用の流れ

1

まずは、お気軽にお電話ください

2

ヒアリングから、介護保険•医療保険どちらを利用か検討


3

主治医による訪問看護指示書の発行

基本的には当社より医療機関に手配を行います。
※医療機関によっては患者様からの依頼のみ受付可能な場合もあります。

4

介護保険の場合、ケアマネージャー様と連携をとりケアプラン作成を依頼します

5

訪問看護ステーションと契約

6

訪問開始

© 2022 zero-hyaku – All Rights Reserved – Website by Justnils.com

Private Policy

DavRu株式会社(以下「当社」といいます。)は、訪問看護サービスを含む当社が提供するサービス(以下「当社サービス」といいます。)について以下のとおりプライバシーポリシー(以下「本プライバシーポリシー」といいます。)を定めて個人情報保護の仕組みを構築し、全従業員に個人情報保護の重要性の認識と取組みを徹底させることにより、個人情報の保護を推進致します。

1.個人情報

本プライバシーポリシーにおいて、個人情報とは、個人情報の保護に関する法律(以下「個人情報保護法」といいます。)に規定される生存する個人に関する情報(氏名、生年月日その他の特定の個人を識別することができる情報)、および特定の個人と結びついて使用される住所、居所、メールアドレス、電話番号その他の個人に関する属性情報をいい、お客様ご本人(以下「ご本人」といいます。)に関する情報だけでなく、ご本人のご家族に関する情報を含みます。

 


 

2.安全管理

当社は、個人情報を正確かつ最新の状態に保ち、個人情報への不正アクセス、紛失、破損、改ざん、漏洩等を防止するため、セキュリティシステムの維持・管理体制の整備、社員教育の徹底等の安全対策に必要な措置を講じ、個人情報の厳重な管理を行います。

 


 

3.利用目的の特定
当社は、取得した個人情報を以下の目的で利用することができるものとします。その他の目的で利用する場合には、その利用の目的をあらかじめ特定します。

①当社サービスの提供、維持および改善のため
②サービス担当者会議関係者、医療機関および行政機関への前号の目的達成に必要な情報提供のため
③訪問看護療養明細書等を保険者等の審査機関へ提出するため
④当社サービス提供中のご本人の体調急変・ケガ等を理由に医療機関に受診した際の、医療機関への情報提供のため
⑤当社サービスに付随する医療機関および行政機関への届出や申請等について、ご本人に代わって手続を行うため
⑥分析、解析、その他学術研究を行うため
⑦当社、当社が運営する事業および当社サービスに関するアンケート、モニター、取材等の実施ならびに効果測定のため
⑧当社が運営する事業および当社サービス(将来新たに実施する事業およびサービスを含みます。)に関する案内、協力依頼その他連絡のため
⑨各種問合せに対する連絡および回答のため
⑩領収書および請求書の発行のため
⑪上記に付随する業務を遂行するため

 


 

4.利用の制限

当社は、あらかじめご本人の同意(ご本人に十分な判断能力がない場合において法定代理人がいるときは法定代理人、ご本人が未成年者の場合には保護者の同意をいいます。以下、本プライバシーポリシーにおいて同様とします。)を得ず、利用目的の達成に必要な範囲を超えて個人情報を取り扱うことはありません。ただし、次に掲げる場合にはこの限りではありません。

①法令に基づく場合
②人の生命、身体または財産の保護のために必要がある場合であって、ご本人の同意を得ることが困難であるとき
③公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、ご本人の同意を得ることが困難であるとき
④国の機関もしくは地方公共団体またはその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、ご本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき

 


 

5.適正な取得

(1)当社は、適正に個人情報を取得し、偽りその他不正の手段により取得することはありません。
(2)当社は、ご本人の個人情報を当該ご本人以外の第三者から間接的に取得した場合には、個人情報保護法、同施行令、同規則、同ガイドラインその他関係法令(以下「関係法令」といいます。)に定められた義務を履行するとともに、当該情報を関係法令に従って適切に取り扱います。

 


 

6.利用目的の通知

当社は、個人情報を取得するにあたり、あらかじめその利用目的を公表します。ただし、次に掲げる場合にはこの限りではありません。

①利用目的をご本人に通知または公表することにより、ご本人または第三者の生命、身体、財産その他の権利利益を害するおそれがある場合
②利用目的をご本人に通知または公表することにより、当社の権利または正当な利益を害するおそれがある場合
③国の機関または地方公共団体が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、利用目的をご本人に通知または公表することにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき
④取得の状況からみて利用目的が明らかであると認められる場合

 


 

7.利用目的の変更

当社は、要配慮個人情報(ご本人の人種、信条、社会的身分、病歴、犯罪の経歴、犯罪による害を被った事実その他ご本人に対する不当な差別、偏見その他の不利益が生じないようにその取扱いに特に配慮を要するものとして政令で定める記述等が含まれる個人情報)を取得する場合および第三者に提供する場合には、法令に定められた例外的な場合を除き、あらかじめご本人の同意を得るものとします。

 


 

8.要配慮個人情報の取扱い

当社は、個人情報の利用目的を変更する場合には、変更前の利用目的と相当の関連性を有すると合理的に認められる範囲を超えては行わず、変更された利用目的について、ご本人に通知または公表します。

 


 

9.利用目的の変更

当社は、匿名加工情報(個人情報を本人が特定できないように加工し、かつ当該個人情報を復元できないようにした情報)を作成した場合には、当該匿名加工情報に含まれる個人情報の項目を公表します。また、匿名加工情報を第三者に提供する場合には、第三者に提供される匿名加工情報に含まれる個人情報の項目およびその提供方法をあらかじめ公表するとともに、提供する情報が匿名加工情報であることを明示します。

 


 

10.委託先の監督

個人情報の取扱いの全部または一部を委託する場合、当社は、委託先と機密保持を含む契約を締結し、または委託先に対し当社が定める約款への合意を求め、委託先において個人情報の安全管理が図られるよう、必要かつ適切な監督を行います。

 


 

11.第三者提供の制限

当社は、次に掲げる場合を除くほか、あらかじめご本人の同意を得ないで、個人情報を第三者に提供しません。

①法令に基づく場合
②人の生命、身体または財産の保護のために必要がある場合であって、ご本人の同意を得ることが困難である場合
③公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、ご本人の同意を得ることが困難である場合
④国の機関もしくは地方公共団体またはその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、ご本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがある場合
⑤あらかじめ利用目的に第三者への提供を含んでおり、第三者に提供される個人情報の項目を告知または公表している場合
⑥次に掲げる場合その他の個人情報の提供先が「第三者」に該当しない場合
A)当社が利用目的の達成に必要な範囲内において個人情報の取扱いの全部または一部を委託する場合
B)合併、分社化、営業譲渡等により事業が承継される場合
C)個人情報を特定の者との間で共同して利用する場合であって、その旨ならびに共同して利用される個人情報の項目、共同して利用する者の範囲、利用する者の利用目的および当該個人情報の管理について責任を有する者の氏名または名称について、あらかじめご本人に通知し、またはご本人が容易に知り得る状態に置いているとき

 


 

12.個人情報に関する事項の公表等

当社は、個人情報に関する次に掲げる事項について、ご本人の知り得る状態に置き、ご本人の求めに応じて遅滞なく回答します。

①個人情報の利用目的(ただし、個人情報保護法において、その義務がないと規定されるものは除きます。回答しない決定をした場合、当社は、ご本人に対し、遅滞なくその旨を通知します。)
②匿名加工情報の作成および第三者提供
③個人情報に関するお問合わせ窓口

 


 

13.個人情報の開示

当社は、ご本人から個人情報の開示を求められたときは、ご本人に対し、遅滞なく個人情報を開示します。​​なお個人情報の開示につきましては、手数料(1件あたり1000円)を頂戴しておりますので、あらかじめご了承ください。​​ただし、開示することにより次のいずれかに該当する場合には、その全部または一部を開示しないこともあり、開示しない決定をした場合には、その旨を遅滞なく通知します。なお、アクセスログ等の個人情報以外の情報については、原則として開示しません。

①ご本人または第三者の生命、身体、財産その他の権利利益を害するおそれがある場合
②当社の業務の適正な実施に著しい支障を及ぼすおそれがある場合
③他の法令に違反することとなる場合

 


 

14.個人情報の訂正等

当社は、ご本人から、個人情報が真実でないことを理由に、内容の訂正、追加または削除(以下「訂正等」といいます。)を求められた場合には、他の法令の規定により特別の手続が定められている場合を除き、利用目的の達成に必要な範囲内において、遅滞なく必要な調査を行い、その結果に基づいて個人情報の訂正等を行うとともに、その旨をご本人に通知します。

 


 

15.個人情報の利用停止等

当社は、ご本人から、個人情報があらかじめ公表された利用目的の範囲を超えて取り扱われていること、または偽りその他不正の手段により取得されたものであることを理由に、その利用の停止または消去(以下「利用停止等」といいます。)を求められた場合には、遅滞なく必要な調査を行い、その結果に基づいて個人情報の利用停止等を行うとともに、その旨をご本人に通知します。ただし、個人情報の利用停止等に多額の費用を要する場合その他利用停止等を行うことが困難な場合であって、ご本人の権利利益を保護するために必要なこれに代わる措置を講じることができる場合は、その代替措置を講じます。

 


 

16.クッキーおよびウェブビーコン

(1)当社は、当社が運営するウェブサイト(以下「当社サイト」といいます。)において、クッキーおよびウェブビーコンを使用することで、個人情報を含まない情報(閲覧情報および統計的情報)を取得しています。なお、クッキーとは、ご本人のウェブサイト閲覧情報を、当該ご本人のコンピューター(PC、スマートフォン、タブレットその他インターネット接続可能な機器)に記憶させる機能をいい、ビーコンとは、目に見えない画像をウェブサイトやHTMLメールに埋め込み、それらをお客様が閲覧した際に、その閲覧情報をウェブサーバ側に記録する機能をいいますが、いずれによっても当社がご本人の個人情報を取得することはありません。
(2)当社は、以下の目的でクッキーおよびウェブビーコンを使用するものとします。

①サーバーで発生した障害や問題の原因を突き止め解決するため
②当社サイトや電子メール等の内容を改良するため
③当社サイトや電子メール等の内容を各ご本人向けにカスタマイズするため
④あらかじめ個人情報を登録していただくサービスにおいて、ご本人の閲覧履歴やアンケート結果等をマーケティング活動に利用させていただくため
⑤個人を特定できない状態で統計資料として利用するため

(3)ご本人は、インターネット閲覧ソフトの設定でクッキーの受取りを拒否することにより、当社によるクッキーおよびウェブビーコンの利用を拒否することができます。ただし、その場合には、一部の機能が使用できない等の制約が生じることがあります。

 


 

17.お問い合せ

当社の個人情報の取扱いまたは本プライバシーポリシーに関するお問合わせ窓口は、次のとおりです。
担当:DavRu株式会社 プライバシーポリシー担当
メール:info@zero-hyaku.com

 


 

18.本プライバシーポリシーの改定
当社は、必要に応じて本プライバシーポリシーを改定することがあります。